CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
しりをたたいて幸せな送り出しと、新しい門出。

今日でモーニングエデュのこどもたちを全員送り出しました。
明日の日本留学試験には、20人ほどの生徒が受けに行きます。



あたしは今回の学生たちが、一番あたしのことを好きだっただろうな、って確信している。
それは今までで一番、5回目の総合科目指導を迎えたあたしの授業が、一番成熟を迎えたから。


優秀な成績を模試で残したから、
あたしはもう思い残すことはありません。
ただ、本番で緊張してしまう彼らが、
なるべくいつもの力をだせるように、
そのことを少し、心配だけしてます。



明日、駒沢大学駅付近や、中央大学付近にいる日本語以外の言語を話している子達を見かけたら、
みんな優しくして下さい。
彼らは10中8,9、日本留学試験をうける学生たちです。






お台場には、国際交流会館という新しい留学生の寮があります。
14階だてのデザイナーマンション、オートロックで、月額35000円の学生寮です。
この埋立地にすむ外国人留学生は、日本がどう見えるのかな。
土曜日のお台場は、何をしているのか意味不明の人々がうようよいて
寝転がって空を見てみたけれど、
薄黄色く曇った空は星のひとつもみえず、
視力0.1の私には空と自分の距離がどこくらいあるのかさえ分からなかった。




それから今週は、大学時代の友達の中で3人の結婚報告を聞きました。
年を実感しないのは、たぶんあたしだけです。
おめでとう。予想があたって嬉しいです。



あたしも最近幸せです。
寝る間が惜しいほど。


| | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
らぶ☆愛弟子

今日、じゃんうとじうんが塾に来た。
久しぶりで超うれしかった。
もう慶応と立教に大学決まっていて、
4月から大学生になる、ソウルのときの生徒なのだけど、
6時にきて、私の世界史の授業を3時間丸まる聞いて帰っていった。

二人とも、総合科目から小論文まで教えた生徒だったから、
いきたい大学にうかって、すごくうれしい。



最後に、今の教室のみんなの前で話してもらった。
飯田橋まで一緒に帰って、
明日二人は一緒にじゃんうの東大の発表を見に行くという。
東大に受かっても受からなくても、
じゃんうにはSFCがあるから、何も心配はしていないけど
受かったらうれしいと思う。


来週にはほかの子たちもみんな来そうで。


今年は学生の人数が多く、合格者も過去最高だったのと同時に、
浪人した人も多かった。
まだソウルに、私の総合科目にいた子達のうち、5人が残っている。



今日の3時間目には第一次世界大戦に入ったのだけど、
三国協商の成立のくらいから、もうみんないっぱいいっぱいで死にそうだった。
久しぶりに授業をきいたじうんも、
「自分が授業を聞いていたときはこれを6時間も聞いていたなんて信じられない」といっていた。
ソウルにいたときは、毎日毎日、本当に学校のように会っていたんだ。




| | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
週初め、みょうな休日
今週くらいから、大学に合格した韓国の学生たちが続々と日本にやってくる。久しぶりに会うのは嬉しいけど、日本で会うのはなんだか変な感じ。彼らがこれから4年間(もしくはそれ以上)の大学生活を日本で送るなんて、なんて素敵なことなんでしょう。
どういう風に変身していくのか。


今日も、去年から早稲田にいる子(6歳下)が突然電話してきて、
どうした?と聞いたら切ない声で「会いたくて・・・」などという。
そんなお姉さん殺しの台詞と言い回しをどこで習得したのだろうか。





昼過ぎから地理の資料集を作った。
去年のものより整理して、データを更新して、目次もわかりやすくして、もう少しいいものに仕上がったはず。
あたしが頑張ると、基本的に生徒は頑張る。
総合科目は、4択のマークシートで正直点数は覚えたもの勝ちだ。
だからあたしの務めは、いかに労なく覚えさせるか。
それから社会を楽しいと思わせるか。
同時に日本語の実力をあげることができればいいし、
点数は完全に知識の定着度なんだけど、思考力を伸ばせるような授業できたらいいと思う。
今のクラスは、今までの中で一番日本語習得度が遅いのだけど、前に比べて生徒の自主的な発言が断然増えてきてるので、それはすばらしい。







明日は大学院の成績発表です。
今まで、自分の好きな授業だけをとるっていう環境にいなかったから、
今の状況でどのくらいの成績がでるのか楽しみ。
でも発表の時間、水曜日なので映画見に行こうと思います。
インドを旅行する映画。






火曜日は嶋内家にとって休日で、
仕事がないゆりちゃんと、塾の休みなわたしと
そろって風邪を引いて、かわりばんこに病院いって
保湿ティッシュをマツモトキヨシ2件まわってすべて買い占めて、
ひの当たる部屋で本読んだりお菓子食べたりしながらすごした。









誰がなんといおうと、あたしは自分の友達に対しては基本的に過大評価するよ。

たとえば、今日、久しぶりにテグにいる承宰と話した。
こういうときも思うけど、
それなりの愛があるな、と感じる。
たとえそれが不均衡でも、自分勝手でも。
孤独なときはそんな愛なんてぺっぺだと思うけど、
余裕のあるときは、これも捨てたもんじゃない、と思う。


| | 13:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
愛弟子
元生徒が軍隊にいっちゃいます。
2010年に帰ってくるそうです。
そのころにはあたしは30歳である。



生徒に一体いつ結婚するのか、と詰問され、挙句の果てには
先生、現実を直視してください。とまでいわれる。
それでもなんとも感じないあたしは、たぶん結構世間一般的なクライテリアからいくとやばいんだと思う。



近くにいればいるほど実は会わなかったりして、
広大な早稲田のキャンパス、偶然出会うことなんて、半年に一回しかなかった。あたしは19号館という早稲田の孤島にいて、図書館にばかりこもっていて、学部生のころとはぜんぜん違う生活をしていた。



そしていつの間にか彼らが入学して一年がたって、
韓国からもまた何十人も合格して、
2ヵ月後には新しい人たちが早稲田にやってくる。



正直もっとあっておけばよかったな、と思ったよ。
いつも近くにいるからこそ、いつでも会えると思っていたのに、
2年もいなくなるってなると急に寂しく感じる。







今日の夜から神戸で発表です。
修士論文のぷろぽーざるをするのですが
ちなみにそのパワーポイントがまだ完成しておらず(しかも英語)
今非常に困難な状況に陥っています。
これから学校にいって、夜までに図書館にこもります。
そして直接バスのって神戸へ行きます。



| | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
ばななうゆ
ソウルからさらっと帰ってきましたが、
今回バナナ牛乳に泣かされました。



金曜日の夜、塾へ行ったら、
まだ一橋クラスで残っている生徒たちがいて、
再会して、10時にもう一度塾に戻って飲みにいこうとしたら、
6時に授業が終わったはずの生徒が待ってるんですよ。


何人か生徒がいて囲まれて話していたので、彼とは直接話さなかったんだけど、最後別れ際に、「慶応の面接いつだっけ?」みたいなことを話しかけたら、
先生、これ・・・・とかいってバナナ牛乳をくれたわけです。



ソウルで教えていたころ、私はこの700ウォンのバナナ牛乳が大好きで、よく飲んでいた。
それを知っていた生徒もよく、授業が終わるときとかにバナナ牛乳を買ってくれて、「賄賂です」とか言いながら渡してくれたのよ。



それをくれたじゃんうはね、
3級のときからあたしの会話のクラスにいて、
どんどん勉強して上に上がって、総合科目、最後には小論文のクラスまで這い上がってきて、この間慶応に受かったの。
もう半年の奇跡、と呼ばれるくらいで。
高校生なんだけど。

でね、そのバナナ牛乳がめちゃくちゃ温かいの。
おそらく、結構前に買ってずっと持っていたんだろうなあ、と思ってあなんだか泣けてきてしまい、
泣けてきてしまうというか完全に号泣してしまい、
700ウォンの涙、とか笑われながら帰りました。




ほかにももちろんいろんな出来事があったんだけど、
この出来事に付随するような素敵な再会がたくさんありました。



超久しぶりに韓国にいくわけでもないのに、
ものすごく時間がたったような。
でもまだ2ヶ月半しかたってないのよね。



ソウルはあんまり変わっていなくて
(あたりまえか)
でも江南地下街のお店の移り変わりが2,3件あって、
そのことだけでもすごく久しぶりに来たような気になりました。



さあ。
明日はプレゼンの準備で学校へ行きます。

| | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
昨日、今日、明日
みんな27日はありがとう
ちゃんとメール返せてないけど、明日終わったら全部返します。


明日は早稲田商学部・法学部受験者のための最後の授業です。あたしにとっても最後の授業です。がんばろうね!



あたしは誕生日から、生徒からたくさんのおめでとうや手紙やプレゼントをいただきました。今日は小論文Bの最後の日で、感動的な手紙やプレゼントをたくさんもらいました。ありがとう。



もぐっち、ぼんじゅん、はんそる、よんみん
わざわざケーキ持ってきてくれてありがとう

いえする、いえするらしいマイノートのプレゼントありがとう

じよん、ねこちゃんの枕ありがとう一緒に寝てます。

いぇじ、似顔絵ありがとう

みょんじゅ、おっきいケーキありがとう全部食べれたらよかったのにな

じの、高級感のある(じの談)ノートありがとう

さんひょん、いいにおいのバスセットありがとう

すんひょん、かわいいピン止めとペンありがとう

さんらん、きれいなネックレスありがとう明日からつけます

へいん、手作りのクッキーありがとう

じゃんう、詩集ありがとう韓国語精進します

| | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日やろうは馬鹿野郎だ!
まあプロポーズ大作戦を寝る間を惜しんでみていたわけですが、やっと見終わった。
後半の伸ばし方はちょっと気に入らなかったけど、あそこまでいったら最後までみちゃうもんね。視聴率高いはずです。
ドラマも戦略だな。あとはあの女の子の演技の下手さもカバーできる山Pの美貌でしょう。

今日は一日中勉強ができる。ああなんて幸せなのだ。月曜日に発表があるので、その準備して、いままでできなかった宿題できる。

やろうとおもって疲れてあとまわしにしてしまったこと。
やらなくてはいけないことではないのに、どうしてもやりたくて、でも明日の授業のためにねなくてはいけなくてしぶしぶ寝て明日やろうはばかやろうだ、とおもいながら我慢していたこと。


寝ないとよい授業ができないんだもの。
6時間授業の最後のほうになって声の張りがなくなるから。



あと一ヶ月ですから、授業と韓国語はベストプライオリティーだ。
| | 01:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
ちょっとの間のさよなら。
ソウルのあるところで日本映画特集がやっていて
週末の日曜日ごとにみにいっているのだけど
今日はかもめ食堂をみた。


途中、あたしの好きな町で写真展をみた
韓国で放しかけたら日本語で返された
川崎の挑戦学校の写真で。
写真がよかったのかタイミングがよかったのかわからないけど
よかった、といってしまった。



決定力のないサッカーの試合の後、
畑山と坂本の防衛戦をみて(昔のボクシングね)
すっきりした
あたしもぜーんぶすっきりさせて
帰りたい



この1年半、あたしは時間と若さを失い、
踏み台であり続けた。
これからは、あたしが上りつづけるばんだから
あと1ヶ月、完璧な踏み台になって
日本までつれてってあげる。
| | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
あんなに待ち焦がれていた最終回も、終わってしまうと寂しい。
ライアーゲームのことじゃありませんよ。


先週の日曜日、待ち焦がれていたEJUが終わりました。
朝、声掛けにいって、終わったときも出迎えて、
休み時間には電話で、ぎゃあぎゃあいいながら、
「先生最後の問題答え何番ですか?」などなど、
質問電話やメールが連続してかかってくる。
教室で騒ぐ彼ら彼女らの顔が見えるようで。

受けてないからわかんねーよ!っていう突っ込みいれつつ、
聞かれた問題にひとつひとつ答えながら、
どきどきしながら待っていた。


でてきた子達はみんなすっきりいた顔をしてて。
この問題のこたえはなにか、の質問攻めが終わったあとは、
さわやかな顔して帰っていった。
2、3日思う存分遊べばいいなと思いつつ、
夕暮れの町、しかも地元の町から生徒を送り出して。



あたしがでるかもよ!といってつったまとめプリントの範囲が
結構出たのでうれしかった。と同時に、出題をきいて、こんなのも作っておけばよかったなあ、なんていう問題も結構あって。

実に難しい問題がでた。
カザフスタンとかカスピ海とか、説明は聞いていないけど、まだ複雑で、紛らわしい問題がたくさんでたのだと思う。


会場は、あたしの家から歩いて10分くらいのところにあって、終わること、アイスを食べながら校門の前で待っていた。


そのあと、女の子たちをつれて、飲みにいきました。
終電まで馬鹿話して、帰った。
彼女たちが作った、あたしのプリントを使った勉強ノートに感心しました。






DS買いました。
生徒がDSを辞書代わりに使ってて、韓国では、日韓韓日韓英英韓辞書がソフトであって、それが普通の辞書以上に使える。
こっちではDS用の着せ替えシートが充実してて、それも気に入った。
で、今韓国語の授業で、とても活躍してます。






新しい先生の授業見学に入って、ああ、あたしも昔はこんな感じだったのかな・・・といい反省になりました。





ここ1週間、EJU終わってから、韓国語の発表があって、30点満点中30点取りました。
それから、毎晩中国人の子達と遊んでいます。

| | 01:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
シルバニアファミリーの弊害
緑の山をいくつも越えて、
その奥へと行ったことがありますか。
深い森をぬけると、
世界のどこよりも、美しい村が広がっています。
そこは、シルバニア村。


・・・・・・・・・・・



元来、先生も学校という共同体も、美しいものだとおもうのだけど、期待通りになりえないのはこの社会の失敗のひとつなのだと思う。


で、あたしは先生が嫌いだったので、自分も自分が嫌いだった先生的な先生にはならないように努力してきたんだけど、とにかく先生であるべき責任を果たしつつ、先生にありがちな偉そうさを取り除きたかった。



っていうか、先生は本当に、究極の踏み台だと思うんですよ。
踏みつけられて、で、踏み台になったことに感謝されたらそれが最高の事例で。


この1年間、なんだかんだいって、あたしは、踏み台だったと思う。
それもよい踏み台。
踏みつけても踏みつけることに罪悪感を抱かない、最高の踏み台。


あたしはおそらく今後、先生という職業を一生続けることはない、と思う。自分がこれ以上先生に慣れてしまうのが嫌だから。先生の楽しさはとてもわかるしすばらしい職業だと思うけど、あたしには手の届かない、先生はそれほどの聖職だと思うから。



あたしはながーい人生(であるはずだけど、いつ車に轢かれるかわからない。あたしはよく車に轢かれる妄想・どこからか落ちる妄想をする)の中で、この1年と半分、棒に振ったかもしれない。


でもいったじゃん、好きなことをしたのなら、10年くらい棒に振ってもいい。
あたしは棒に振ったことをうれしく思うくらい、楽しい棒の振り方だった。






そんなことを考えたのは、この2日間、建国大学の4級へ進み、そこで出会った二人の先生に満足できていないからです。明日は戦おうと思います。






あたしの段差フェチやまとめ病は、きっとシルバニアファミリーの弊害だと思う。


あたしはシルバニアファミリーが友達で、シルバニアファミリーがいれば何時間でも遊んでいられるおとなしい子供だった。

| | 01:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/4PAGES | >>