CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< いつかこの頃を思い出してきっと泣いてしまう | main |
保活のおわり THE END OF "HOKATSU"


保活に3年かかった。
子どもは二人とも早生まれ。
保活は本当に疲れたし、特殊な職のため申請書類を作るのは時間がかかり(×3回)、精神が消耗した。
生後10日の赤ちゃん連れて、帝王切開終えて退院の次の日に区役所にいって、保育ママの申込みに行ったこと。
そこで担当してくれた区役所の女性職員さんたちがみんな優しくて、交互に長男を抱っこしてくれて、大変ねえと声をかけてくれたこと。色んなことを思い出して、今年一番泣いた。

両親フルタイム+加点2種類(昨年度預け入れ月2万円以上で2点、兄弟2人同時申込で1点)の計25点あってやっと第一希望の認可保育園に、兄弟同時に入園することができた。第二希望以降の園は家からそれぞれ違う方向に徒歩20分。兄弟別園になったら本当に大変なところだったが、同時入園できたというのは、本当に運が良かったとしか言いようがない。

有志で作っている保育園コミュニティのアンケート結果を見ていると(2017年3月現在)、住んでいる地区における私が希望を出した上位5つの認可園では、0歳児・1歳児クラスだと両親フルタイム(22点)だけでは入れず、24点(フルタイム+認可外加点)あっても入れない可能性のある園が3つある。それはつまり、25点(フルタイム+認可外加点+保育園児兄弟加点)ないと確実に保育園に入れないということを意味していて、一人っ子(もしくは兄弟姉妹が保育園児ではない)場合は認可に入れない可能性があるということだ。

同時に、私が入れたということは、それ以外に落ちた人がたくさんいるということでもある。
兄弟加点なんてずるい、と言われるのも分かる。
世帯年収高い人が、うちはたくさん納税しているのに!という気持ちも、分かる。
私自身、2年間近くの認可保育園に入れず、片道30分かけて電車で認可外に通っていたとき、お迎えラッシュの17時台の認可保育園の前を通りながら、「この人たちは17時台にここに迎えに来れるのに何故私が入れず16時までしか働けないのか」と黒い気持ちがわき上がって来たことを思い出す。勿論、入れている人になんの落ち度もないし、ただの嫉妬なのだが、とにかく保育園問題は生活もキャリアも、ひいては子どもの生死まで左右してしまう重要な問題なのだ。

保活は、本人の努力や熱意は関係ない。点数と運がすべてだ(年度によって競争率も入れる点数も異なる)。
すべての人が、通える範囲の希望する保育園に入れる社会になって欲しい、と心から願う。

申し込みする人は、去年の点数開示や保育園コミュニティのアンケート結果とにらめっこして、現実的な条件も含め散々迷って希望を出したはずだが、そもそも両親フルタイムでも認可に入るのが難しいのであれば、非常勤やパートで働いている人には、認可保育園に入るなんて夢のまた夢だろう。

Twitterでは#保育園に入りたいや#保育園落ちたというタグが盛り上がっていた。
一方で、保育園に入れないという声に対する批判の声も多く見られた。
それは妊娠や出産や育児など、「極めて個人的なこと(≒贅沢)」と考えられていることに対して弱音を吐いたり、社会問題としての指摘をすると叩かれる、という状況と似ている。

たとえば、妊娠中、通勤辛いというと、「タクシーで行け」「仕事辞めろ」。
保育園入れないと嘆けば、「都心は子育てに向かない、引っ越せ」。
病児保育が予約できないと言えば、「住んでるとこが悪い、引っ越せ(俺は/私は入れたしという経験談付き)」。
今回、保育園落ちた、どうしよう!に待っていたのは、「ベストは尽くしたのか」だった。

「ベストを尽くす」についてあげられるのは、こういうことだ。
・年度の前半に出産(早生まれは論外)
・認証押さえ(必要なら第一希望です・単願ですとウソ)
・役所詣
・ペーパー離婚(片親だと加点が大きい自治体がほとんどのため)
・預けたくないけど0歳児で認可外(認可外加点を得るため)
・引っ越す

これらの全部に、そんなことしなきゃいけないのか、と思う。
勿論認証まで見て回っているけれど、そもそも認可と認証では、少なくとも私の地区では、あまりに環境が違いすぎて、正直自分の子どもを入れたいと思える認証保育園に出会わなかった。補助が有るといっても、認証に二人の子どもを入れるのは、認可に比べてお金がかかりすぎる(私の地区+我が家の収入を元に計算すると認証に二人を通わせた場合、認可の約2倍)。

役所詣には正直効果があるとは思えない。点数が絶対的なのはきっとどの自治体も一緒だろう。
しかしブラックボックスなのは、“同じ点数の場合は、収入やその他事情を配慮して決定する”という部分だ(注:これは私の住んでいる自治体の場合。何度も相談しにいったときにこのように言われた)。
実際、同じ点数の申請者がたくさんいるなかで、収入だけで低い順に入れているのか、他にどんな「その他事情」を配慮しているのかは分からない。世帯収入がほとんど同じで区民税納入額が同じ層だった場合、誰が優先されるのか。この辺はやはり役所の方が熟慮して決めているのだろうが、気になるところではある。

そして引っ越せと簡単に言うが、人はそれぞれいろんな事情があり(そもそも持ち家だったら簡単に引っ越せないし、親二人の勤める場所によって住む場所にだって現実的に様々な制約がある)、人はいろんな地域や人々や会社とのつながりのなかで生きている。そして保育園に入るのがしんどいのは、都心に限られた話でもないのだ。





二人とも早生まれの我が家は、もう出発時点で不利だった。二年間、両親どちらの職場とも反対方向の電車に乗って、保育園に通った。それでも唯一の選択肢だった今の保育園が、偶然にもとても良い園で、毎日楽しんで通うことができたことは、親子ともにとても幸運なことだった。

今10ヶ月の下の子は、今の保育園のことはきっと全然覚えていないだろう。
新しい園にいっても、まるでいつもここにいたかのような顔をして、ニコニコするだろう。
ちょうど2歳になった上の子は、新しい園で最初は少し泣くかもしれないけど、多分持ち前の適応能力で、すぐ新しい園になじむと思う。全員覚えている先生の名前も、お友達の名前も、どんどん新しいものに変わって行くんだろうと思う。

でも私はずーっと覚えている。
ひよこ組(0歳児クラス)で圧倒的に一番月齢の若い下の子が、クラスのみんなに可愛がってもらっていたこと。
半年くらい年上の男の子が、下の子のことを大好きで、いつもそばにいて抱きついたり一緒におもちゃで遊んでくれていたこと。朝連れていくと一目散に飛んで来て、抱っこしたりほっぺたを手で挟んだりしてくれたこと。
帰るときには必ず保育士さんに抱っこされて、下の子が見向きもしなくても、母親の私にまでバイバイ、と言って手を振ってくれたこと。

下の子は誰に構われても、ニコニコと笑う愛想の良い子で、先生や子どもたちにマスコットのように可愛がられていた。一番小さいのに体は一番大きくて、いつも親方のようにどしん、と座り、担任の先生には「りーさん」と呼ばれていた。9ヶ月で立てるようになり、10ヶ月の終わりにはもう安定して歩き回っていた。心臓の大きな手術をして保育園をまるまる2ヶ月くらい休んで入院していたけれど(心臓血管外科手術のこと)、それ以外はほとんど病気もせず、流行病も貰わず、元気に保育園に通うことができた。

りす組(1歳児クラス)さんの中でも一番小さかった上の子。
何ヶ月か年上の女の子に好かれているらしく、積極的に手を引かれて洗面台に向かうときなども、どうしていいかわからず呆然とした顔をしていた。去年まで0歳児クラスで一緒だった女の子のことが好きだったらしく、家ではじめて名前を言ったのはその女の子。「○○ちゃん、好きっ」「○○ちゃん、可愛い」と言ってはくねくね恥ずかしそうにしていたこと。今の保育園で一番在籍が長く、生後2ヶ月から長い間面倒を見てもらった先生が退職するとき、子どもたち代表でお花を渡していたこと。クラスで一番小さいけれどよくしゃべり、完璧主義でプライドが高く、ツンデレと評されていたこと。

先生と私の交換日記のような保育園ノートは、もう二人合わせて10冊近くなった。
火事のときに持ち出す緊急バッグに入っている。

逆説的だけど、毎日遠い保育園に通ったことは長い散歩のようで、電車で出会うたくさんの人と話す機会に恵まれ、夕暮れを見たり、早い御月様を見たり、季節の移り変わりを子どもたちと楽しむことができた(おかげでひどい腰痛持ちになってしまったが)。
大好きだった保育園にもあと1ヶ月ちょっと。
最後まで楽しく通ってほしい。
今の保育園に通えてよかった。
ありがとう、先生たち。

saereal | note
保活のおわり
| | 11:00 | comments(0) | - |
コメント
コメントする