CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< そのときその場所にいなければ分からなかったことがある | main | いつかこの頃を思い出してきっと泣いてしまう >>
単著刊行のお知らせ
2月に初めての単著を出版しました。2012年に提出した博士論文をベースに、可能な限りのデータを更新し、全体の構成や内容に修正・加筆をしたものです。日本と韓国の大学で調査をした時期(2010年&2012年)から少し時間が経ってしまいましたが、日本学術振興会から研究成果公開促進費を頂き、やっと2015年度内に出版することができました。

研究対象にしたのは、高等教育の国際化政策・戦略のなかで英語を教授媒介言語とした学位プログラム(英語プログラム)。比較・国際教育学という学問の領域横断的な性格から、論じる際には社会言語学、国際関係学などの理論的枠組みを使い、前半では留学移動を地域共同体形成の文脈でどう位置づけるかを欧州地域と東アジア地域の比較で、高等教育国際化政策と言語(特に英語)との関連を日本と韓国を比較しながら論じました。後半では日韓の全英語プログラム調査から専攻や留学生比率などを指標にしてタイプ別の整理を行い(グローバル人材育成モデル、クロスロードモデル、出島モデル)、さらに日本と韓国のリーディング大学(旗艦大学)5校で行った質的調査を元に、英語による教育が留学移動や教育の現場にどのような効果をもたらすのかを分析しています。





以下、帯文です。


「英語プログラム」の意図せぬ展開ー自立性と共同体意識をもたらす
非英語圏の高等教育国際化によって増加する「英語プログラム」は、多様な国からの留学生移動に変容をもたらした・本書は歴史的に国家の言語での「同化型」留学を基本としていた日本と韓国の「英語プログラム」の全容調査とインタビューを通し、留学概念に転換を迫る。個人や大学や国家の思惑を越え、西洋英語圏高等教育の新しい従属性という課題と同時に、多文化理解や欧米から自立した共同体意識の醸成など、留学移動がもたらす従来とは異なる成果に注目、検証した労作。


Amazon
東アジアにおける留学生移動のパラダイム転換―大学国際化と「英語プログラム」の日韓比較



楽天ブックス





そしてブログを更新していない間に、いつの間にか二児の母になりました。
13ヶ月差の年子を産み、この2年弱は「悪阻で気持ち悪い」「おなかが重い」「入院・出産」「産褥期」「0歳児育児中」の時期の複合版か、その繰り返しでした。

2014年の夏にはハワイ大学マノア校内にあるEast West Ceterで在外研究も行いました(とはいってもちょうど予定していた時期が悪阻時期のど真ん中だったこともあって、当初の予定よりだいぶ早く帰ってこざるを得なかったのですが)。





5月末まではPDとしての研究活動も中断。研究活動再開にむけて、感覚が鈍らないためのトレーニングを死体と思いつつ、新生児と一緒だと、細切れ睡眠なせいか一日が完結するという感覚が希薄になるのに加えて、すべての事が「ながら作業」になってしまっている気がしています。これはストレス。都会で核家族で、育児という世界にどっぷりつかるのは、世の中から隔離されてしまっているような感覚をもたらします。それとはまったく違う話しで、子どもと接していると、「生きる」ということが生きることの目的そのものであることが、とてつもなく正しく、かつ尊いなあとも思います。こういうことを、noteにちょこちょこと書きためています。

年子を産むということ

出来るようになった事よりも、しなくなったことを愛おしむ気持ち


子育て中の「詰み」方と育児世界に存在する不思議な人びとについて


私の保活・結果編(待機から繰り上げ内定するまでと保育の意味、謎の「支給認定書」などについて)

ポスドクの保活事情(研究者と保育園)

子育て世代の家事問題 (家事代行は二万円で可能なのか?)

帝王切開手術出産体験記

妊婦時代に買っておいて本当によかったものベスト8

本当に必要な出産準備品リスト
| | 22:14 | comments(0) | - |
コメント
コメントする