CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 「おめでとう」への違和感、後日談。 | main | 2014年度総括 >>
国は闘いを強いても、守ってはくれない
日本人二人の人質事件は、結果的にとても悲しくて悔しい結末を迎えた。

今回のことからよくわかったのは、たとえ同盟国に「日本国と日本国民と連帯してテロ行為と闘って行く」と言われても、「国家」は国民に闘う姿勢は強いても、国民である私たちを守ってくれないということ。そして、国民を守る為の国防の強化や「積極的平和主義」が、結果として国民の平和と安全を脅かしたということ。

安倍批判者への批判がネットで渦巻いているが、「テロリストを許さない=安倍支持」、「安倍批判=テロリストに屈する」みたいな簡単な二元論ではなく、事態はもっと立体的。人質惨殺行為への批判と安倍政治への異議申し立ては当然両立する。

平和と国民の安全を保障するのが国家の役割であり、その命運を動かす政治家の役割。その政治家の行動が自分たちの意思を反映しているかを監視し、行動を起こすのが国民の役割。安倍政権の方針が何をもたらしたか、この国をどこに向かわせているのか、もっと敏感に自覚的にならないと恐ろしい事になる。

いわゆる「イスラム国」の非道なやり方には心から怒りを覚える。彼らの集団に「イスラム」という言葉が冠されることで、嫌な思いをしている世界のすべてのムスリムの方々にも同情する。私はバックパッカー時代に、シリアやヨルダンを含め、パキスタンやクウェート、バングラデシュ、インドネシア、トルコなど、その他多くのイスラム教の人が多く住む国に行って、イスラムの国々にはとても大きな思い入れがある。そして旅の間にはたくさんの人に出会い、たくさんの経験をして、勿論嫌な思いもしたけれど、素敵な思い出がそれ以上にある。イスラム教を信じる人々が、今回の事件を受けて不当な差別や偏見を持たれないように心から願う。

ちょうど昨日(1月末)、憲法学者で9条の会の奥平先生が亡くなったことを知って、戦争を経験した世代の骨のある平和主義者がどんどんいなくなってしまうことに危機感を覚えていたところだった。今朝のニュースをみて、奥平先生だったら一体なんて言っただろうと考える。亡くなってしまった人の声はもう聞く事ができないけれど、人質として捕まってしまった二人の声を聞きたかった。生きて帰ってきてほしかった。


| | 16:24 | comments(0) | - |
コメント
コメントする