CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 新年あけまして、今年の目標を | main | 感情と論理のすきま(立命館大学での朝鮮学校無償化ビラ配布事件をめぐって) >>
海外ドラマがお好き(SHERLOCK + BIG BANG THEORY)

ずっと観たかったSHERLOCKのシーズン3、ついに優酷で発見しました。
ありがとう、中国のひとたち!






中国語で神探は名探偵のこと、夏洛克はシャーロックの中国語当字。

シャーロックの魅力は何よりもベネカンの出で立ちとキャラ設定だと思う。色っぽい声と綺麗な瞳、それから決して二枚目ではないのだけど一度見たら忘れられない顔つき。

勝手に行動しながらも、手ぐすねをひいているようなまなざし。天才+冷静+傍若無人でありながら、子どもっぽいわがまま+甘えの鱗片が見えるところに、ギャップ&ツンデレ萌えする。

今までシャーロックは何度もドラマ化映画化されているが、私はどれ一つとしてきちんと観た覚えがないため比較はできないが、古典作品でありながら、現代的な科学捜査の方法を取り入れて、まったく古さを感じさせないストーリーになっている。


優酷が素晴らしいのは、英語+中国語字幕で見れることだ。
SHERLOCKは字幕がないと、耳だけで聞くのはちょっと難しい。語彙というよりは、表現方法について行けないことが多く、フルに理解できない。その点、英語字幕がついていると、大変理解がはかどるし、知らない単語が出てきたときに調べて新しい表現の勉強にもなる。

ドラマを英語で聞いて英語字幕で見て、分からない表現を調べるという方法が好きだ。私は韓国語を殆どこれで勉強した(当時好きだった歌手や芸能人のでるバラエティ番組を見て、出てくるキャプションを片っ端から調べて覚えた)。これほど苦にならない勉強方法もない。(Huluとかにも是非御願いしたいのだけど、もっと英語字幕を!)



今までシットコム(Situation Comedy)にはあまり興味がなかった私が、最近嵌って観ているのはこのドラマ。




シャーロックとこのドラマの登場人物(特にシェルドン)は、すこし似ていると思う。タイプは全く異なるんだけど、早口で言葉を重ねて描写していくところが特に。多くの「普通の人」は相手との距離やその場の雰囲気に合わせて会話をアレンジするんだけど(まあそれがいわゆる会話というものだと思うのだけど)、彼らは常に自分の分析を話しているんだよね。すべての会話がとても描写的(ディスクリプティブ)。

少し前に少し嵌っていたGossip Girlは、見始めると仕事が手につかなくなる&鞄が欲しくなるので自主規制中。
彼らの恋愛模様や恋愛観にはついていけないことも多いけど、もっとも感情移入してしまうのはC & Bです。あんな俺俺な男、日本ではモテ男として成立しなさそう。


| | 14:09 | comments(0) | - |
コメント
コメントする