CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 東北の旅とロックのほそ道 | main | 多摩川+「そして父になる」 >>
音楽 1027


去る10月27日、会いにきてくれた人達、どうもありがとう。


終わった後は科研を出したり、論文を提出したり、昨日、某98%男子大学で補講含めて四コマ続けた怒濤の非常勤を終えてやっとすこし落ち着いたと思ったら、風邪を引きました。


結婚式みたいなどう考えても自分勝手で茶番なのに、やたらと人を巻き来んでお金を使わせるイベントをするにあたって、準備の過程で一つのことに対してどういう気持ちで取り組むか、来てくれる人が何を面白いと思うか、に関しても価値観の違いからたくさん喧嘩をしました。


そのなかでも、意外と最後まで時間がかかったのは音楽。両者の音楽の好みの違いがあるのもあるけれど、割と一般的な洋楽好きの陽に比べて、私は生粋のJ-POP+アジア音楽贔屓。私たちは「大衆的」という概念に関する考えまで異なっている。私はビートルズ嫌い(音楽性がどうのこうのとか彼ら自身に対する嫌悪ではなく、あまりにグローバルスタンダード化されたものに対する食傷感のため)だし、歌い手と作り手が違う音楽とかいまいちピンとこないし、音楽は歌詞を重要視していたりする。そんな二人がそれぞれが参加者の好みを想像しながら激論を交わし、結果として決めたのがこのセットリスト。来る人たちが基本的には私たちと同年代(1980年生まれ前後)だったので、こうなりました。私がゴリ押ししたのは、Coccoとスワロウテイルの2曲です。ありがとうございました。


CHAGE & ASKA
『YAH YAH YAH』



フェイ・ウォン
『夢中人』



X-JAPAN
『Longing 跡切れたメロディー』



Cocco
『しなやかな腕の祈り』



KOBAYASHI TAKESHI
『Theme of Yen Town -Opening & Ending-』



TM Network
『Still Love Her』



YEN TOWN BAND
『Swallowtail Butterfly』



くるり
『奇跡』



BO GUMBOS
『夢の中』



Flying Pickets
『Only You』



| | 10:13 | comments(1) | - |
コメント
いつもブログ興味深く読ませていただいてます。
素敵なセットリストですね!
ご結婚おめでとうございます。
| 名無し | 2013/11/15 6:59 PM |
コメントする