CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 『LEAN IN』を読んで(女性と仕事について考えたこと) | main | 夏の熱帯夜がセンチメントを呼び起こすので、私のベスト港臺バラードを >>
『風立ちぬ』感想 戦争も恋愛も、飛行機という夢の陰に薄れていくこと



『風立ちぬ』鑑賞だん(以下ネタバレしない程度の感想)。前半は、素晴らしい映画だと思った。大正から昭和にかけての日本とそこで起きた社会的現象や戦争が描かれていて、その描かれているという事実に感動した。関東大震災を描いた部分は、アニメとして歴史に残ると思う。映像の中でも特に、空と光がダントツに美しかった。主人公の堀越のナードな喋り方や東大生同士の西洋かぶれの会話も圧巻。日本の歴史を知らない海外の人にも観て欲しいと思った。このタイミングでこんな映画を作った駿監督はさすがだと思う。

ただ後半、奈穂子との恋愛は時代的背景を考察すると大変興味深いが、現代に生きる私から見れば、パートナーとしての二郎はとんでもない屑男なので、制作者側が意図したであろう感動の純愛部分では全く涙もでない。また、あの零戦を作った技術者と戦争との間にある「距離感」には考えさせられた。当時の日本が世界で置かれている位置やエリート技術者と巷の生活との乖離などは、見る人がどれだけ歴史的認識を持っているかによって、捉え方が異なるだろうと感じた。結論として、堀辰雄の原作と堀越二郎物語を合体させたために、どっちも薄くなってしまったと思う。

私としては、できれば古い男が喜びそうな(俺は俺の夢を追いかける!でもお前をそばに置いておきたいんだ!みたいな)身勝手な純愛物語をコア部分にねじ込まず、零戦を作る男の物語をスタジオジブリで見たかった。最後の最後で、零戦は「一機も戻ってこなかった」とか軽く言われて、奈緒子の残像と空想で終わられても・・・!何度も言うけど、堀越二郎が作りあげたの、「あの」零戦だよ!と言いたくなる。

技術は、誰かの夢であると同時に、他の誰かを人を破滅へと追いやることもある。特に、戦争が関わってくるときには。この映画で描かれている堀越さんは、映画制作者側が意図的に技術者としての夢の部分を尊重したことで、自分が「愛した」と言っている女性にも、零戦がもたらしたものの大きさにも、あまりにも無頓着なように見えた。堀辰雄原作あっての作品であり、実在の人物である塚越さんの伝記でもあるから、故人への悪口にはなってほしくないのだけど。

ちなみにネットでは結構たたかれていたエヴァ監督庵野秀明さんの声は、自分と自分の作り出すもののことだけで周りが見えない主人公のキャラとよくマッチして、ものすごく嵌り役だったと思う。

まとめ。この夏、戦争を考えるきっかけとして、オススメの映画。物語の大筋は娯楽的に作られているけれど(そのための恋愛要素なのか!?)、小さなエピソードやディテールで、社会科の授業で使えそうな部分がたくさんある。ただ、私は相当の安い涙持ちですが、泣けはしません。



零戦入門には、やっぱこれだよね。




| | 00:46 | comments(0) | - |
コメント
コメントする