CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< みんな、村上春樹いい!って本当にそう思ってるの? | main | 「育休3年」延長案の欺瞞 ー安倍総理案に反対する理由ー >>
学ぶこと、教えること。


4月から新しい生活が始まっている。所属の上智は籍だけで研究室はなく、受け入れ研究者の先生のゼミにだけ参加させてもらっている。ゼミはものすごく楽しい。とにかく、一つの場所に集まって、ただ学ぶということを目的に、本を読んで討論して発表してっていう空間がなんて贅沢なことか。ここ1年くらい、ひとりで博論に取り組む生活が長かったので、久しぶりに修士のときのような気分を味わうことができて、わくわくしている。

少しだけど非常勤もはじめた。
どれも横浜の実家からほど近い国立大学と公立大学で、英語の授業と英語で行うゼミの担当をしている。今までの私の教歴は、小中学校(ボランティア)と韓国の塾(留学院)のみ。英語関連の免許もTESOL Certificateと小学校英語教育指導者(J-SHINE)の資格を持っているものの、正直大学で教えるためにはあまり意味のない資格。すべてが初めてで、4月の初めの2週間はとてもプレッシャーだった。

実際に教えてみて、やっぱり学生は可愛いし、私は教えることがすごく好きなんだなあと再認識した。韓国の塾(留学院)で教えていたときも思ったけれど、授業が嵌った時の学生のキラキラした目や何か学んだっていう実感があった時の満足そうな顔や、今までにはなかったやる気を出して新しいことに取り組んでみようとしているときの前のめりな態度なんかを自分が引き出せたときに、ものすごく幸せを感じる。

私は断れない性格で、学生に弱みを見せられたり、お願いされたり頼まれたりすると決してノーは言わない。教育は、私が踏み台になることだと思っている。もしかしたら今の時点では学生よりも多くの知識や経験やより深い思考力を持ち合わせているのかもしれない。でも教育者は、それらを惜しみなく蒔く。それを吸収して、学生がそれぞれ大きくなっていくときにも、惜しみなく労力を注ぐ。褒めたり、すかしたり、ときに怒ったり、もしかしたら役に立たないかもしれなくても、もしかしたらにかけていくつもの教えるネタを用意して。それでも、受験のときもテストの時も、将来を決める時も、学生の気持ち/行動一つでいくらでも今までのものが直接意味をなさなくなってしまうようなことも、教育者は甘受する。

韓国のときは、そうやって学生の踏み台になることに嵌りすぎてしまって、今度は自分がもっと踏み台の上に乗りたくなってしまったのだ。

そして踏み台にのって、今現在存在する一番高い学位まで取ってしまった。でもこれからが長い。私は教育に携わっていることが幸せだけど、同時に自分自身も、まだまだずーっと学んでいたいと思う。


今の非常勤は、純粋な公募で見つけた。どうやら、旧帝大や力のある先生についていると、非常勤は先輩や研究室を通して「ツテ」で回ってくるらしいのだが、私の行っていた院は、研究者よりも圧倒的に実務家を輩出する院だったので、非常勤のコネなどあるはずもなく、博士論文を出す半年くらい前(学振DC1が切れる1年前)からJRECを見ては、都心の大学で、“羈啅軌蕁↓韓国語教育、1儻豢軌蕕3つを中心に履歴書を送りまくった。


今までの私のJREC応募状況を見てみると以下の通り。
1. 私立 東京都 非常勤 韓国語
2. 私立 東京都 専任(任期なし)比較教育/国際教育
3. 私立 東京都 専任(任期なし)国際教育
4. 公立 群馬県 非常勤 英語

学振(PD)/博士号取得確定
5. 国立 神奈川県 非常勤 英語(教養)*書類通過、面接
6. 私立 神奈川県 非常勤 英語
7. 私立 埼玉県 非常勤 英語
8. 私立 神奈川県 非常勤 韓国語
9. 公立 神奈川県 非常勤 韓国語 *書類通過、面接 


最後に残ったのは5と9。やはり博士号もなく大学での教育歴もなく、専任に応募したのは無謀だったと思う。

韓国語で公募に応募して面接まで進んだ9の大学では、結局面接で落ちてしまったのだが、その面接試験の時に面接会場にいた6人の先生方の中に、国際学部系の学部長先生がいらっしゃり、面接の間中、韓国語の教育歴や韓国に関する研究よりも、むしろ英語に関することやJENESYSや日ASEAN学生会議の時の経験について質問してきてくれた。その先生から、突然メールを頂き、英語で行うゼミを担当してみないかということで、二つ返事で引き受けた。自分の専門である比較教育をテーマに教えることができるので、私にとってはとてもいい経験になっている。



今更ながら。
ついに、早稲田から離れた。働いたり韓国に行っていた3年間をのぞいて、18の時から計11年間半在籍した早稲田。1993年に箱根駅伝を見た時から、私の頭の中には大学と言えば早稲田しかなくて、実際自分の人生の中でも大学は早稲田にしか行かなかった。寂しいけれど、心に誓った。いつか戻ってくる。今度は教員として。

学位授与式の日は私の人生の中でも幸せな日のベスト5に入るような日だった。
青く晴れて、私の両親がとても嬉しそうだったのを覚えている。これからもずっと覚えていると思う。
陽が私の好きな黄色のチューリップをたくさん買ってきてくれた。
指導教員の先生が私の両親をすごく安心させるような私の将来に対する嬉しいことを言ってくれた。
博士号はただの通過点だけど、周りの人にとっては安心材料や誇りになるんだと思った。
それが一番嬉しかった。



私はやっぱ学校っていう場所が、今まで自分がいわゆるリア充だったかというとそんなことはないんだけど、概念としての学校に強い期待を持っていて、理想としての学校に今でも夢を抱いている。学ぶことも、教えることも、大好きなのだ。

できればずっと続けていきたいと思う。両方やっていかないと、いい教育者になるためには、教育がうまくなったりローテーションで回せるようになってしまうとダメで、まずは自分が学ぶことが一番大事だから。


英語圏の大学で今までとは全く違うことを学びたい。修士くらいからもう一度なにか始めたいな。子どもでもできたり、親がいなくなったり、原発がどうにもならなかったら、そうしよう。ポータブルな自分で生きよう。


| | 01:51 | comments(0) | - |
コメント
コメントする