CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 最近の動向 | main | それでもずっと好きな人。 >>
恋,,その後



私は相変わらず愛というものがわかりません。STAND UP!!のしょうちゃん並にグーグルで愛を検索してみましたが、約 265,000,000件の結果がでました。約って。
まるで戦死者のように、ひとつの愛は大事なのに、数が多くなると切り捨てられるなんて!と告発してみようかとおもいましたが、やめました。


あたしの周りには、長い間同じものに愛を注ぐ人、というのが希薄なのだ。あたしもそうであるし、飽きやすく、ながされやすい。そして何よりも、自分自身が不安定で刹那的に生きすぎなのだとおもう。


恋は何度もした。恋は偉大なる勘違いだ。勘違いの末にしんどくなったりはてには死にたくなったり、でもその分面白いことも楽しいこともいっぱいあるので、決して恋自体は否定したくないけれど。


スンジェとは相変わらずの関係を続けている。あたしとスンジェのターニングポイントは、3週間ほど前にあったと思う。そのうちわかるよ、あたしの価値が、と面と向かって言い放ってやったころから、明らかにあいつの態度は変わってきたとおもう。
あたしの片思いはおそらくここで終結を迎えた。あいつがあたしを必要としている度数と、あたしがあいつをなんだかんだいって気にかけている度数が同じくらいになった。そして時々それが逆転するようになって、そうなるとあいつの悪いところがどんどん見えてくる。全くもって最低だ、とおもうことも何度もあった。

でもなんだかんだいって離れないでいるのは、あたしの言うことをかなりよく聞くようになったし、同時にあたしのことをものすごく気にかけるようになったからだ。
25歳と27歳にもなって(あたしが年上だ)、手もつながないけどなんだか結局毎日電話し、お互いのスケジュールをなんとはなしに把握する友達なんて、○○原くん以外にはいないとおもっていたけど、彼がその仲間入りをし、友達以上恋人未満みたいな高校生かお前は!的な位置に彼はいる。


ぶっちゃけ、彼と付き合ったり、これ以上恋愛感情が発展することはないとおもうけど、あいつと離れることはまずないとおもう。


時々あたしは、相手が日本語母国語者ではない、ってことをふと忘れそうになるけど、どんなにある言語がうまくなっても、結局外国語は外国語でしかないのだとおもう。語彙や表現は発達しても、言葉を話す「モード」ははじめに身についたときのままなのだ。
| | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://saereal.saereal.net/trackback/1024252
トラックバック