CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
多摩川+「そして父になる」
R0019004

R0019044


家からほど近いところにある等々力渓谷へ光合成をしに。長い間横浜や中野や早稲田に住んでいたけれど、今住んでいるところ(田園調布)と働いているところ(横須賀のさきっぽ)が一番好き。つまり私は水辺で空が高いところが好きなのだ。

天気のいい日にお日様をたくさん浴びると、生き返ったような気分になる。きっと人間は元々は植物だったんだと思う。太陽に生かされ、エネルギーを生み出して大きくなっていっている気がする。太陽が照っている日に部屋の中にいるのはもったいない。みんな青空教室したり青空就業したりすればいいのに、とこころから思う。もしくはながーい昼休み。

R0019037

R0018990


ごはんも家で二食作り、家から自転車で2分のところにあるジムに入会して少し走り、夜は渋谷へ映画へ。シネパレスで「そして父になる」を見た。



鑑賞後の私と陽の感想は違った。映画が描く二人の違う父親について、彼の解釈は福山演じる父親がリリーフランキー演じる父親と比べ、世間的な成功を得て裕福な暮らしを実現できているにも関わらず、父親としては不足している部分があり、逆にフランキー父の父親としての魅力を描き出しているのではないか、というものだった。私は福山演じる父親の問題点もよくわかっているつもりだけれど、どういう父親が子どもにとっていいかなんて分からないし、正直単に人から見た器用さの問題なのではないかと思った。親の持つ愛を図ることは難しい。その表現方法は様々で、確かにリリーフランキー演じる父親の愛情表現はとてもキャッチーで、彼はすごく生きるのが器用な父親を演じているんだと思った。誤解を恐れずにいればマクドナルドみたいな美味しさ。殆どの子どもに受けるし、中毒性がある。でもそれが子どもにとって本当に良いのかどうかは分からない。子どもがどういう風にそれに対面していくかにかかっている。

この映画の中心にあるのは、「血と時間」という永遠のテーマ。血は争えないというけれど、血にまつわるもの(遺伝や性質など)が一定の説得力を持つ一方で、過ごした時間というのは何と固有でかけがえのないものかと感じる。このテーマについて思いを巡らすときには、いつも台湾や「北方領土」のことを考える。


ちなみに清須会議も見たが、映画大好きな私がここ数年で初めて映画の最中に寝た。これだけ豪華な役者を使ってるのに、脚本は予定調和だし、台詞がいちいち陳腐だった。妻夫木くんのぶっとびっぷりは最初びっくりしたけれど、あまり生かされていない気もした。



| | 01:48 | comments(0) | - |
博論終わったらしたいこと
夏のはじめの空。


梅雨が明けて、猛暑がやって来たと思ったら、まるで秋口のような肌寒い夜が続いている。
今日、一つ懸念だった投稿論文の提出が終わり、少しだけ解放された気分。
勿論まだやることは山のように溜まっているし、一番大きな山である博士論文は、制限時間をちらつかせながら目の前にどーんと横たわっている。


やるべきことがたくさんあると、できないこともたくさんある。
でもその分、やるべきことをやったあとの楽しみが増える。
博論はすっごいでっかい山なので、越えたら相当爽快だと思う。
すごい遠くから、3年かかってやっとここまで来た。


博論終わったらしたいこと。


映画館に週2回行く
小説をたらふく買ってたらふく読む
漫画喫茶いって「君に届け」と「ちはやふる」と「僕等がいた」を読み倒す


毎晩長風呂
ヨガ教室通う
毎日自転車デート
自転車のメンテナンス覚える
ミニトマトはじめる
ゴーヤはじめる
ハーブはじめる
1、2週間くらいかけて東北へ行く
原付の免許


冷蔵庫と乾燥機付き洗濯機と、ルンバとミキサーを買う


中国語中上級目指す
韓国語教授法やる
栄養管理学ぶ
それに関する資格を取る

TOEICも取り直し


7月の気分転換

saereal booklog - 2012年07月 (8作品)
トリック 2 超完全版 [DVD]
登録日:07月03日
{book['rank']

おと・な・り [DVD]
登録日:07月28日
{book['rank']

powered by booklog




夏のはじめの空は、少し経つとこんな色になった。



IMG_2704
| | 01:17 | comments(0) | - |
さくら
IMG_2344

今年も私はさくらばかりを追いかけていました。
千鳥ヶ淵、夜の東大本郷、水道橋の高架線下、夜の早稲田、横浜の大岡川沿い、新宿御苑、代々木公園。

もったいなさを顧みもせずひたすら咲いて散る桜は、繊細で、向こう見ずで、そこらじゅうに美しさを振りまくところが、とてもかっこいいと思う。空からたくさんの花びらを降らせ、川にも道にも草木にもみんな平等に花びらをしきつめるところも、とてもかっこいいと思う。


IMG_2346

IMG_2347

IMG_2348

IMG_2349

IMG_2353

IMG_2360

IMG_2363

IMG_2364

IMG_2365

IMG_2366

IMG_2367

IMG_2345



また来年も、一緒に生きてたら、しあわせでありんす。



| | 02:29 | comments(0) | - |
あけましておめでとうございます。

私は生きている〜


あけましておめでとうの日は、いきなり揺れ初めた。
そして私は近くの神社に行き、3つのことを祈った。
祈りは、他力本願。自分ではどうにもならない要素が大きいこと。
〕曚鳩嘩しませんように
∋笋涼里蟾腓い澆鵑覆健康で一年過ごせますように
今年はどうぞ大きな揺れが来ませんように

正月には陽が嶋内家を訪問。
家族、なる長い年月と否応なしの血縁関係(とそれを強化する遺伝子)を有する輪のなかに異質なものが入ってきた時、その人に対して輪を崩して入れていい思いさせようとするのか、崩さないで適度な参画を願うのか、色々なやり方があると思う。どちらがよいかはわからないし、どちらにしてもその「異質」なもの側は自分の立ち位置や輪への影響力に心を砕いて疲れるだろう。

私自身も、多くの場所において異質なものでいる。
旅先でも、自分がいかに異質ではなくなるかということを、一番努力していたと思う。
「日本人」であるとか「先進国の人間」であるとか、そういう部分はどうしてもぬぐいきれない自分の構成物である一方で、自分がどこかの場所で異質な存在であることは、とても疲れることなのだ。



朝、箱根駅伝を途中まで見て、4区で離されてからは見ていられなくなり(5区はかっしーだったし)、
陽と一緒に実家を出て、横浜のルミネに向かった。

ルミネはさながら戦争の様相である。このようなセールの時期は、ブランドの志向も分からない、割引率で自分が買う予定のもの以外を野菜のように扱う人びとがいるせいで、店員さんもブランド贔屓の人びとの心も荒れているのがわかる。

ある程度のブランド名を掲げたショップで買い物をするときに思うのは、ブランドとは選択するものであって、ブランドの志向に寄り添えないのなら選択しなければいいだけだと思う。ブランドの服に「ここはこうなっていればいいのに」とかいう人の気がしれない。そういう人は大衆に阿った、もっとカジュアルブランドを選択すればいいのだ。

箱根を応援していても、私のなかで箱根は、康幸さんが監督になってから、ものすごく甘酸っぱい気持ちで応援する競技になっている。戦略や記録よりも、とにかく本人たちにとっていい結果を残してほしいと思う。

18年

XXMI 箱根駅伝

鶴見俊輔,辻井喬,見田宗介,江原由美子,信田さよ子,小熊英二
青土社
発売日:2011-11-21

巻頭の小熊英二との対談は56ページに渡る超大作。上野さんの辛辣な『1968』批判や私的な質問をするりと交わすも出てくるが、小熊さんの素晴らしい上野千鶴子の思想まとめ手腕は、さすが敏腕編集者だっただけあるなあと思った。

上野さんと小熊さんが鶴見俊輔さんにインタビューする形の「戦争が遺したもの」という本を、私は付箋だらけにしてすり切れるほど読んでいて、そのときから鶴見俊輔さんの発することばの虜だけれど、この特集の中でたった3ページだけ寄稿してる鶴見さんの文章は、上野千鶴子という研究者の的確な位置把握と、敬愛の念が現れている気がした。

他にも辛淑玉さんの一稿は、鋭くて痛快な(そしてこれに嫌悪感を抱く「男性」や「ウヨク」のひとたちを簡単に想像できそうな)コメントにも多いに笑わせてもらった。

まだすべて読み切れていないが、これほど多くの人が上野千鶴子や、彼女の思想や生きた時代について、こんなにも真剣に熱く語れるということが、上野さんが思想界にもたらしたインパクトの大きさを物語っている気がする。思想家として、社会活動家として、教育者として、そして等身大の女としての上野千鶴子に迫る、素敵な特集だった。




白石さやさん、杉村美紀先生、そして私の指導教官である黒田一雄先生の論文がしびれる。



毛利和子先生の巻頭の論文が素敵。付箋を10つくらいつけてしまった。





バフマン・ゴバディ
紀伊國屋書店
発売日:2011-04-28



マーク・ロマネク
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2011-09-28



ハラルド・ズワルト
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2011-04-22




今年の目標は、以下の三本立て。
’郢旅罎鬚箸
∨椶鬚世
2圓い念豌箸梁膵柱になる

去年は悲しいこともあったけれど、七夕にはひこぼしに会うし、とてもいいこともたくさんありました。
今年は積み重ねるってことと、いっきに飛躍するってことを両方行う年にしたいです。

| | 20:26 | comments(0) | - |
【私的通信】



5月2日にがあみん宛てのコメントをここに載せた方へ。

コメントは削除しました。本当に届けたいのなら、「これ以上邪魔しません」なんてまさに「一時的にここを利用しています」的な言葉を尽くすよりも、自分の身元や連絡先を出すのが礼儀ででしょう。もし私を実際にしっているか、ここをちゃんと読んでいる人なら、私は言葉を発する人間の責任を重要視していることは分るはずです。があみんという個人にだけメッセージを伝えたいだけなのかもしれませんが、人のブログのコメント欄に書く時点であなたのメッセージは私的なものではありえません。

私は個人的にがあみんの連絡先を知っているわけではありません。があみんのことはときどき思い出しています。があみんもたぶん私と同じくらいの頻度で、思い出した時にここを見てくれているのかもしれないなあと思ってます。

一時的にセンチメンタルになっているのではなく、本当に彼に伝えたい思いがあるなら、他の方法を探してください。少なくとも自分が何者かを明かさないまま共通の友人の消息などを書いている時点で、私はそのような人を信用しないし、自分にとっても大事な人間であるがあみんに伝わってほしいとも思いません。悪しからず。
| | 22:55 | comments(1) | - |
バンコクと新saerealのお知らせ
今晩から今月末までバンコクへ行ってきます。3/1に帰国予定。
SEAMEO RIHED & JICAの会議に参加するのと、UNICEF&UNESCOの地域事務所、ASEAN大学ネットワークの訪問します。他にも指導教授とJane Knight先生とゼミ生が何人か行くのですが、私は別日程で今晩羽田から。


自分のウェブサイトを更新しました。

・゜゚・* saereal *・゜゚・
CVなどを含め、ちょっとずつ更新していきたいと思います。






今月の本と映画。
劇場で観たのは、GANTZと冷たい熱帯魚と太平洋の奇蹟。


saereal booklog2011年02月アイテム数:17
信頼する力  ジャパン躍進の真実と課題 (角川oneテーマ21)
自殺サークル [DVD]
愛のむきだし [DVD]
北京ロック [DVD]
新世代の言語学―社会・文化・人をつなぐもの
Global Englishes in Asian Contexts: Current and Future Debates
The Local Construction of a Global Language: Ideologies of English in South Korea (Language, Power and Social Process)
Security Communities (Cambridge Studies in International Relations)
文化社会学の視座―のめりこむメディア文化とそこにある日常の文化
アジア連合への道 理論と人材育成の構想
ビューティフル ボーイ [DVD]
M-1戦国史 (メディアファクトリー新書)
SPORTS GRAPHIC NUMBER ( スポーツ・グラフィック   ナンバー ) 2011 年  2/24 号  2011アジアカップ  雑誌
エスノグラフィー入門 <現場>を質的研究する
通天閣 (ちくま文庫)
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
日本人が知らないウィキリークス (新書y)

powered by ブクログ
| | 18:19 | comments(0) | - |
さがしびと

wb0209

写真の整理をしていたらがあみんを見つけた。
元気にしてる?






好きな音楽はいっぱいあるけど特別な3曲は是だな。

Spiral Life "Turn! Turn! Turn!"
GRAPEVINE "風待ち"
Tokyo No.1 Soul Set "Key word"


英文論文の締め切りは10日。
それまで少し他のことは冬眠してます。


Follow saereal on Twitter 
| | 01:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
師走のこと




ガーディアンの後輩、波くんが薦めてくれたフランク・オコナーの短編集を、毎晩お風呂で一遍ずつ読んでいた。
(一緒に入るので、少しずつしわしわになってきた。)

自分をアジア人であると見たときに、イギリスはやっぱり帝国だ。
でも帝国の中身は帝国ではなくて。

私がケン・ローチ監督の映画が好きなのも、        
暴力、お酒、宗教、田舎、性差別、そういう力強い国の中にあるドロドロした部分や
踏み台になっている部分を目を背けることなく描いているからで。
この本は、アイルランドが背負う歴史的な背景みたいなものが箇所箇所に沁み出ていて、
最後の解説を読んで、もう一度はじめから細かい描写を含めて読み返したくなる短編小説だった。

代表作である「国賓」も良かったけれど、私は最後の「マイケルの妻」がとても好きだった。

フランク・オコナー短篇集 (岩波文庫)
フランク・オコナー短篇集 (岩波文庫)




この時期の電車は、週末に近づけば近づくほど、夜になればなるほど、混雑を増す。
混んでる大きな駅に行くと、そこでうごめく人々の自分勝手な意思のぶつかり合いに心をしわしわさせつつ、いつも神様の掃除機を想像する。

この間、終電の一本前まで研究室にいて乗った神奈川新町どまりの電車の中で女の人が豪快に吐いた。彼女と一緒にいた友達らしい3人は、うわ、とかいって逃げた。そして遠巻きに見て、一応大丈夫かなとか言ってる。前に也寸志の誕生日会を一休でやったとき、あいつは酔っぱらって私の鞄のなかに吐いたけど、それでも公衆の面前で吐いてるのを見捨てるような関係に比べたら、なんて友達甲斐のあるやつなんだと思う。私だったら、鞄の中に吐いてきても、あとで飲むなら吐くな!って怒って、ネタにできる友達の方がよっぽど大事だ。





混まない間に銀行に行って、お年玉用のピン札に替えてきた。
久里浜の祖父母と、三浦の海ばあちゃんと、死んだ海じいちゃんと、うちの両親の6人分。





今読んでいるのはこれ。

鶴見俊輔 (KAWADE道の手帖)
鶴見俊輔 (KAWADE道の手帖)

黒川創さんの、愛溢れる「鶴見俊輔入門」が一品。



先週から見た映画。椿三十郎は、かなりコメディチックには仕上がっているけれど、椿を川に流す、っていうアイデアとあの場面が美しくて、あれを新しい映像で撮りたいがためにリメイクしたのではないかと思ったくらい。
椿三十郎 通常盤 [DVD]
椿三十郎 通常盤 [DVD]


ハリーポッターもロード・オブ・ザ・リングそうだけれど、私はファンタジーが好きである。
映画館では見なかったナルニアを今更第一章から見はじめた。
ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [DVD]
ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [DVD]


今年観た映画の中で、ベスト3には入るだろう韓国映画。日本では来年公開のよう。
字幕にいろいろと突込みどころがあって、心から韓国映画の字幕をやりたいと願った。
来年韓国に行ったら、韓国語字幕付きのDVDを手に入れよう。

「息もできない」


寒いのは苦手だからいつも暖かい国に逃げたいと思っている。
でも師走は好きだ。クリスマスも、師走も、私には何か好きなことをするための言い訳にすぎない。

Follow saereal on Twitter 
| | 01:53 | comments(4) | trackbacks(0) |
素振り
IMG_1304

私がそもそもウェブを始めたのはとても小さな理由だ。
いろいろやっているうちに、最近なにやってるの?って聞かれるのが面倒だったから。
言いたいことは全部、ウェブに書いてある。そういいたかった。
そうやって、もう10年が過ぎた。

もとから書くことは好きだったから、旅のことも考えてることも映画も本も、写真のことも
日々たまった考えも、恋愛のこと家のことも、全部書いた。

最近友達がその男友達を紹介してくれて、興味を持っていろいろ聞いてきてくれる。
でも正直一つ一つの質問に答えるのが面倒くさい。
シンガポールいったことある?タイ料理はすき?
そんなもの、私の名前をググればいっぱつで出てくるんだもの。
ブログもツイッターも、所属先も論文も、過去にさかのぼれば2チャンネルに書かれた悪口まで。


そういうベーシックな情報は山ほどあって、でもその一つ一つに根本的な私があるんじゃなくて、全部合わさってやっとどうにか自分を説明できるのだと思う。でもきっとそこにも根本的な私はない。ただ一つ一つの情報は、実はすごく大事で、どんなご飯が好きとか、どの季節が好きとか、どんな服がすきか、とか、許せないことはなにかとか、そういうのって一緒にいる上ですぐに表面化してくること。そういうのを知るために、その人に関して文字で残っているものを、私はすごく大事に思っている。

一方で。
やっぱり一緒の空間で過ごした時間は、ネットとは全然違っていて、その空気を共有した間は、何物にも代え難いと思う。


私の情報は、ネット上にいっぱいころがっている。
ググって、ネット翻訳すれば、日本語分からなくてもある程度のことは分かる。
今度から、名刺にgoogle meって書こうかな。







私はずっと素振りしているんだよ、と言われた、「ソーシャル・ネットワーク」の夜。
見えないところで振り続ける。何も打てなくても。


花男 (3) (Big spirits comics special)花男 (3) (Big spirits comics special)



そしていつか自分が欲しいものを手に入れるんだよ。



Follow saereal on Twitter 
| | 03:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
東南アジア青年の船、おみおくり。
R0013386

青年の船

金曜日、青年の船にのるYudhaを見送りに、みなとみらいの大桟橋へ。
富士丸にのって、200人以上のASEAN+日本のユース(35歳以下)たちが、1ヶ月半船で東南アジアを旅するらしい。
ゆだはファシリテーターとしての参加、応募のときから面接の準備練習などを手伝っていて、
受かったときも本当に喜んでいた。今回招待されたのは、主に参加者の家族たちだったので、
ゆだに連れられて船内を歩き、彼が担当するグループのメンバーたちに紹介されるたびに、誰だれ?ひゅーひゅー。と盛り上がっていた。
こういう男女関係のからかいは、距離がある程度縮まっているからできることで、本当にアジア的だなあと思う。

R0013385

R0013381

それぞれの国別の掲示板に、非常に凝った自己紹介カードとメッセージ入れ。
みんなそれぞれの正装をして、国別の名刺を持って、これから始まる船旅にわくわくしている様子だった。
この船の中に1ヶ月半、国籍も言葉も文化も違う人たちが何百人単位で詰め込まれて、どんな化学反応を起こすんだろう。
日ASEAN学生会議でたった1週間一緒にいた時間だってものすごくプレシャスだった。
来年は私も、ファシリテーター応募しよう。

ということで、ばいばいゆだ、気をつけていって来てね☆

R0013404
| | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/10PAGES | >>